Survival Trading

相場で、そして世界で生き残ることのできるを、あなたに授けたい。

人々の投資に対する誤解を解く為に・・・

投資は、お金持ちがやるものだとか、富を独占するものだとか、誤解をしている人がいるようです。しかし、実態は逆。株式市場ができたおかげで、富の分散が始まったのです。昔は、王族や貴族、大商人が富を独占していましたが、より大きなビジネスをする為、一般市民から資金調達をし、その見返りとして富を分配するようになりました。それが、「株式市場」というシステムです。

投資の良いところは、すべて自分でやって、自分で完結すること。自分で考え、決断し、自分で責任をとる。思えば当たり前のことですが、それを極端な形で実現できるのが、相場です。

「長期保有」は、決して安全ではないという事はご存知でしょうか。相場におけるリスクとは「時間のリスク」で、時間の経過による投資環境の変化が、リスクとなるのです。「時間のリスク」を放置することは、リスク管理そのものを放棄していることと同義です。投資をするにあたり、リスク管理を徹底することは絶対条件になります。

タペストリー・

プライスアクション理論

  • 市場価格はなぜ動くのか。これを知らないで投資をするのと、知っていて投資をするのとでは差が出るのは当然だが、経済学者ですら触れてこなかった―
    (タペストリー第1理論)

  • 相場は、「投資」を横糸に、「投機」を縦糸に編み上げるタペストリーだ。市場価格のトレンド<横の動き>は実需や長期投資などの保有により作られ、ボラティリティ<縦の動き>はキャピタルゲイン狙いの時間制限のある売買によって作られる。
    (タペストリー第2理論)

  • 市場価格の変動を利用するすべての資金運用で唯一、信頼に足る拠り所を提供するものは、価格の動きそのものである。
    (プライスアクション理論)

矢口 新(やぐち あらた)

野村證券(東京、ニューヨーク、ロンドン)、ソロモン、UBSなどで為替、債券のディーラー、機関投資家セールスとして活躍。著書『生き残りのディーリング』は、現役ディーラーの“座右の書”として、高い評価を得ている。株式会社ディーラーズ・ウェブ(金融商品取引業・投資顧問助言業務)社長兼ファンドマネージャーとして、2013年5月まで日本株を中心に運用。2014年4月より「投資の学校」専任講師。TPA株式会社社長。著書は他に、『矢口新の短期トレード教室』、『リスク限定のスウィングトレード』など多数。

矢口 舞子(やぐち まいこ)

TPA株式会社の企画、開発、営業、お客様サポートetc.担当。動画「矢口新の 生き残りの投資セミナー」の生徒でもある。矢口新の考えを軸に、教材のテストも兼ねたトレードを、個人の資金を使って行っている。

TPちゃん

サポートデスク

メールもしくはLINEにてお問い合わせが可能です。ご対応は、矢口 舞子がさせていただきます。

EMAIL: gcfgcfgcf31@outlook.jp

※@(全角)を@(半角)にして送信してください。

免責事項

TPA株式会社が提供するサービスは、投資教育を目的としており、運用助言ではありません。従って、個別の売買に関する具体的な情報の提供や助言等は一切行ないません。また、商品のご購入によって収益が保証されるということはありません。お客様の損失や損害について、当社では一切責任を負いかねます。投資(投機)に関する最終決定はお客様ご自身の判断で行なってください。商品を購入された場合、当文面及び特定商取引法に基づく表記の内容に同意したものとみなされます。

Created with
Mailchimp Freddie Badge
Instagram icon
Twitter icon
YouTube icon

© 2020-2021 TPA株式会社